営業・渉外

松崎 新次郎MATSUZAKI SHINJIRO

経済学部 経済学科 卒

1999年入社

自分で考え行動し、
成果を出していく

サービスづくりの根幹に関われる楽しさ

入社して20年
物凄く経験させてもらってます

早いもので、入社して20年が経ちました。その間、一貫して営業担当としてキャリアを着実に積み上げながら並行して、社内の基幹システム構築や新規事業の立ち上げプロジェクトなどに”本腰を入れて”携わってきました。今は電力会社様向け営業の責任者として大きな責任を任されています。

入社の経緯

国内電柱メーカーわずか十数社程度で参入障壁の高い業界、無競争に近い業界は不況に強いと思い入社を決めました。

サービスづくりの根幹に関われる楽しさ

サービスづくりの根幹に
関われる楽しさ

営業担当として大手電力会社を担当しています。お客さまとの日々のコミュニケーションから電柱設置に関する施策を読み取り、年に1回の入札に備えます。落札後はお客さまへの納品を確実に行うべく、製造計画の立案・管理が業務となります。電柱は電力供給のために、ライフラインとしてなくてはならない製品です。ライフラインを支えている。そう感じられるのが電力営業の面白いところです。また自分がプロジェクトの最前線に立つことができて、電力会社さまへの営業活動はもちろん、社内メンバーと一致団結して仕事を進めていく中で“やれる”という自分の直感や思いを、周りを巻き込んで“いける”いう確信に高めていくプロセスは、営業職ならではだと思います。

大きな看板を背負う面白さ

社長賞を全員で受賞した思い出

中小企業でありますが、大企業モデルの仕事が体験できます。主要なお客さまが国内大手の電力会社さまなので、配電資材の調達方法から、開発・設計・仕様合理化・生産性向上の考え方まで学ぶことができます。また、新規事業の立ち上げで、太陽光発電事業をプロジェクトリーダーとして経験させてもらいました。当時、当たり前ながら新規事業のビジネス感覚も乏しく、スピード感にまったくついていけませんでした。一日毎の区切りで考えているようでは遅く、業務の流れの中で、都度課題を共有していくスピードを求められ大変苦労しました。しかし、新規事業の仕事を通じて目的に対して成果を出す大切さを切実に体感できました。人材や資金などのリソースが限られる中で、局面ごとに必要なことを見極めて、いかに効率的にエネルギーを集約させるかという基本の仕事感覚が備わったと思います。社内表彰で社長賞をプロジェクトメンバー全員で受賞したことが最高の思い出です。

あなただからこそできる新しい方法で、おもしろいものを一緒に作っていきましょう

自分で考え、動いていく。受動的ではなく能動的に行動できる人は、どの場所でも必要とされるでしょう。
厳しいこともあると思います。
最初は辛いと思うこともあるかもしれない
ですが、みんなが優しく手を差し伸べてくれます。
恐れずにいろんなことに挑戦してほしいと思います。

わたしたちと一緒に みらい づくりをしませんか。

長年にわたって培ってきた「ものづくり」の
確かな技術を進化させ、
日本の「まち」をつくっています。
品質を第一に、細部へのこだわりに
誇りを持っています。

時代を先取りし、柔軟にものごとに
取り組める仲間を待っています。

ENTRYエントリー 採用エントリー